本文へスキップ

お気軽にお問い合わせください!

TEL. 052-521-2334

受付時間 平日 10:00〜19:00

 

平成30年度 幹部勉強会

  

今月は「幹部勉強会」をピックアップし、ご紹介させて頂きます!!
所長及び部長の幹部陣は火曜日午前八時から、理事長による勉強会を受けています。
教材は株式会社武蔵野の小山昇社長が出版されている
「数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか 」です!
理事長の笹谷はこちらの本を教材にして幹部の皆様に「幹部の心構え」や「経営に必要な事」を教え、
自分の管理する事業所を黒字にするにはどうすべきかを伝えています。

幹部は一人一人本を購入し、勉強をしています。

吉永部長は電子書籍で毎日勉強しています。

誰もが敬遠しがちな「数字」について、目をそらさずに向き合います。
それが経営者に必要な事との事。

幹部はマネジメントゲームなどを何度も受講しているため、今さら用語の説明も必要ありません。
(筆者の川崎は分からなかったため、加藤部長に後で意味を聞いています)
専門用語を使いながら利益についての講義です。

PQ(価格×数量)の売上から出てくるMPQ(粗利益)をアップする為には
?(仕入れ値)やF(固定費、人件費)を下げる事が必要である。

PQをバウムに当てはめると、グループホームのご利用者様が満床になる事や、
作業所に通所するご利用者様が毎日全員通所することですね。

そのため、毎日ご利用者様が安定して生活できる支援が必要であるうえ、
素早い対応をする事が大事です!!

今ではバウムカウンセリングルームの職員は100人を超えています。
ご利用者様の安心できる居室を提供するためにも、バウムはつぶれずに経営を続けていく必要があります。
幹部が数字に関して敏感になっていくことで、バウムは利益を得る機会を増やすことができます。
そのため、理事長をはじめ幹部は一緒の方向を向いて経営について考えていく必要があるのですね!
参加させて頂き大変勉強になりました。ありがとうございました!