本文へスキップ

お気軽にお問い合わせください!

TEL. 052-521-2334

受付時間 平日 10:00〜19:00

 

平成30年度 理事長出版記念講演会

  
  
  
  

我らが理事長、笹谷寛道が7月9日に「社員が辞めない福祉法人の経営術」という書籍を出版しました!
誠にありがたいことに、Amazonランキング「社会福祉部門」で1位を獲得することが出来ました。
そして7月21日に株式会社アイリスの大谷様と合同で本の出版記念セミナーを開催いたしました!
今回はその様子をお届けします。

司会は生頼が行わせて頂きました!
たくさんの方に来ていただくことができ、会場は満員でした。



書籍と同タイトル「社員が辞めない福祉法人の経営術」をテーマに講演が行われました。
なぜバウムは人材定着率が上がったのか。
まずはバウムカウンセリングルームとはどんな法人なのかを説明しました。



今でこそ、人材定着率の高さを誇っているバウムですが、設立当初はそうではありませんでした。



昔は職員と価値観の共有ができておらず、うまくいかないことがあれば職員のせいにしてしまっていました。
しかし、会社を変えるためには「自分が変わらなけらばならない」ことに気づき、そこからバウムを変えることができました。
「過去と他人」は変えられないけれど、「未来と自分」は変えることができるのです。



なぜ人材定着率を上げる必要があるのか。
会社経営での大罪は「会社を潰すこと」。



同じ職員を雇用し続ければ人件費が上がりますが、
人員が辞めて新しい職員と入れ替えを続けても会社は成長しない。
ならば人が辞めない、利益を出すことのできる会社を目指す必要があります。



人材不足には2種類要因があります。
1、募集しても人が来ない
2、人が定着しない



人材不足を解消するためには「人を採用すれば良い」というイメージがあると思います。
しかし実際は人が定着してこそ、たくさんの人を採用できるのです。



人材定着率を上げるために、バウムでは何をしているのか。
理事長の笹谷は、普段からとにかく「職員を知る」ことを心がけています。日々の業務中や懇親会、
社内行事でとにかく職員と関わり、良いところを見つけ、褒めるということを徹底しています。
また、職員に何かあればプライベートなことも相談にのります。
ちなみに当日セミナーの運営のために来ていた職員のプライベートに関しても大暴露していました(笑)



そして、職員には「数字の教育」や「会社の方針教育」のため、勉強会を毎週開催しています。
こうすることで数字を意識することができ、会社の方針を理解し、
理事長と価値観の共有をすることができています。
価値観の共有ができていることで、職員の不満が減り、人材定着率のアップにつながっているのです。



最後はバウムの一大イベント・経営計画発表会の動画を見ていただき終了となりました。



セミナーはこれからも定期的に開催します。
そして今後、バウムは経営支援事業を積極的に展開していきます。
経営支援事業については、HP上に専用のページも作成していますので、詳しくはこちらをご確認ください!

改めまして、セミナーにお越しいただいた皆様、ありがとうございました!