内定者の声 (2019年度)

  • 石山(名城大学)

    石山さん

    • 石山(名城大学)
    • 石山さん
      (名城大学)
    バウムの面接の特徴

    一次面接も二次面接も1対1でした。複数対1人やグループ面接ではないのは初めてでした。普通の会話のようでリラックスして話しやすかったです。

    面接で一番困ったこと

    私服で面接に来るように言われ、何を着て行けばいいのか頭を抱えました。

    入社の決め手

    社員を大切にすることで売上に繋がるという考えに共感したからです。

    入社を通して学んだこと

    ホワイト企業は存在するということですね。

    バウムの意外だったこと

    先輩方がとっても優しいことです。入社当初は想像していた社会の厳しさとのギャップに驚いていました。

    どんな学生時代をすごしているか

    程々にアルバイトをして自分の時間を大切にしていました。主に家でゲームをしたり海外ドラマを見まくって過ごしていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    周りの先輩方が助けて下さるので気楽に働けばいいのだと思います。頑張ったことをどんどん上司にアピールして、贔屓される職員になりましょう!

    CLOSE

  • 伊藤(同朋大学)

    伊藤さん

    • 伊藤(同朋大学)
    • 伊藤さん
      (同朋大学)
    バウムの面接の特徴

    1対1で、話しやすい雰囲気で面接を受けた事が印象的でした。とても和やかに進み、あまり緊張する事なく面接を受ける事が出来ました

    面接で一番困ったこと

    一番困ったことは2次面接が私服だということです。どのような服が場にふさわしいのか、何を見られているのかを考えました。

    入社の決め手

    福祉の法人でありながらも、経営について考えられていて、会社が潰れないように経営されていることです。人間関係ももちろんですが、そこに一番ひかれました。

    入社を通して学んだこと

    社会人として大事なことや福祉に関することなど様々なことを学びました。

    バウムの意外だったこと

    やりたいと手をあげたり、積極的にやるとどんどん色々な仕事を任せてもらえることです。

    どんな学生時代をすごしているか

    バイトばかりしていました。友達と遊ぶ為、お金を貯めるため、勉強よりもバイトを一生懸命していました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    分からなくならないよう、少しずつ色々なことをしえてもらう事が出来ます。安心して仕事が出来ると思います。

    CLOSE

  • 岡田(中京大学)

    岡田さん

    • 岡田(中京大学)
    • 岡田さん
      (中京大学)
    バウムの面接の特徴

    一般的な面接にあるような堅い雰囲気ではなく、雑談のような形式で話しやすいのが特徴です。

    面接で一番困ったこと

    ありません。

    入社の決め手

    代表の本(面接時に渡されました)を読んで、人間関係をとても重視している印象を受けたことです

    入社を通して学んだこと

    お金を稼ぐことの大切さ、働く上の意識で大切なことなどです。

    バウムの意外だったこと

    イベントが沢山あることです。

    どんな学生時代をすごしているか

    平凡に過ごしていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    後悔しないよう頑張って下さい。

    CLOSE

  • 加藤(立命館大学)

    加藤さん

    • 加藤(立命館大学)
    • 加藤さん
      (立命館大学)
    バウムの面接の特徴

    非常にメリハリがあります。採用課の方による一次面接は穏やか雰囲気でしたが、代表による二次面接は打って変わって緊張感を覚えました。

    面接で一番困ったこと

    質問への答え方です。入社前から「バウムは変わった会社」だという認識があった為、代表による面接の質問に対して捻くれた回答するべきか、面白みのない回答をするべきか非常に悩みました。面接時の代表が渋い表情をしていたので、僕は安全牌で行きました。

    入社の決め手

    人間関係の良さです。当初は僕も疑っていましたが、イベント等に参加をした際に、実際に職員同士が楽しそうに会話をしている様子を目の当たりにして、疑惑はすぐに霧散しました。

    入社を通して学んだこと

    小さなことでも積み重ねれば評価をして頂けるシステムが存在し、それがしっかりと機能していることです。

    バウムの意外だったこと

    代表が本当に職員一人一人の事について覚えてくださっている事。

    どんな学生時代をすごしているか

    怠惰、懶惰、自堕落といった言葉が当てはまる生活をしていました。当然のように1、2限目を寝過ごし、大学へは昼から顔を出し、試験は付け焼き刃の知識で挑む日々。平気な顔で単位を20、30と落とし、気づけば6年も大学に通っていました。ただあの6年間は無為な時間ではありませんでした。膨大な時間を使って自身の今後を考えることが出来たので、とても意味のある時間だったと感じています。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    「不安は自由の眩暈」といった言葉があります。入社するまでの日々で空漠とした不安を抱え、よりよい会社で働ける可能性を模索したりするかもしれません。もしくは映画や文学から答えを得ようと、他人の考えに溺れる事もあるでしょう。もちろん僕にも経験はありますが、それは一時的なものです。茫洋たる社会を目の前にして、少しばかり眩んでいるだけです。もし不安を覚えたのであれば、積極的にバウムの先輩職員に質問をしてください。必ず正鵠を射た答えを返してくれると思います。

    CLOSE

  • 後藤(日本福祉大学)

    後藤さん

    • 後藤(日本福祉大学)
    • 後藤さん
      (日本福祉大学)
    バウムの面接の特徴

    私服での面接があること

    面接で一番困ったこと

    自分は面接自体あまり経験がないのでなにを話せばいいのやらと感じていました。ですが理事長の方からも積極的に話を振ってくださり、一般的な面接と違ってとてもフレンドリーなので特に困ることがありませんでした。

    入社の決め手

    ここで就活をやめたら遊べる!悪い会社じゃなさそうだし、フレンドリーで働きやすそうだなーと感じたから。

    入社を通して学んだこと

    1番そこの事業所に入ったのが遅い社員が仕事をおしえることです。仕事を教えるというとベテランの職員が教えるというイメージでしたが社歴が短い人が教えることで教える側と教えられる側両方が成長できるようにしてくださっている。

    バウムの意外だったこと

    会社のイベントを出勤扱いにしてくれること会社がお金をだしてくれてさらに給料も出してくれて交流の場を作ってくださることに驚きました。

    どんな学生時代をすごしているか

    自由奔放な学生生活でした。講義を休み興味があることに没頭したり、その休んだツケが後から回って大変な4年生を過ごしたりしていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    おそらく今、就職活動をしている学生のみなさんは職場の人間関係やライフワークバランスをとても気にしているとおもいます。バウムの強みはまさにそこにあるのでこれらを重視している人は是非是非

    CLOSE

  • 塩澤(名城大学)

    塩澤さん

    • 塩澤(名城大学)
    • 塩澤さん
      (名城大学)
    バウムの面接の特徴

    採用課の方との和やかな雰囲気での面接と、代表と話せるという距離感の近い面接が特徴です!

    面接で一番困ったこと

    会社の代表と一対一で話せることはとても光栄でしたが、緊張感がすごかったです!私は持病を抱えているため、カミングアウトをしたときに代表の表情が曇ったように感じたときは、しまった!!と思いました(笑)しかし、こうして採用していただき、バウムで輝かせてくださっているので、感謝が尽きません!

    入社の決め手

    入社の決め手は、昔から障がい者福祉で働きたかったことと、バウムがNPO法人であったことと、会社説明会における成瀬さんの親切な事業所紹介で職場の人間関係が円満であることを実感したからです!

    入社を通して学んだこと

    良好なコミュニケーションを築くために、質よりも量が重要なことを学び、自分から積極的に動くことの大切さを学びました。バウムの方針に従って、誰よりもサンクスカードアプリを活用しコミュニケーションを行ったことで、入社して半年でサンクスギフト表彰をいただくことができました!

    バウムの意外だったこと

    バウムの意外だったところは、現場業務だけではなく、事務作業も多いということが入社前のイメージとのギャップでした!

    どんな学生時代をすごしているか

    私はダイエットに励む学生生活を送っていました!実家から大学が近かったため、毎日大学まで片道徒歩45分を往復していました!おかげで、ピークの56㎏から47㎏まで減量に成功しました!今では少しリバウンドしていることは内緒です(笑)

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    バウムはとてもいい会社ですよ♪どんな方向でも頑張れば頑張っただけ評価されます。また会社から、何を頑張れば評価するのかが教えられているため、上を目指す際に何をすべきかが分かるため努力がしやすいです!また、職員間の仲のよさも圧倒的だと思います!上司と部下の関係も、代表と現場職員の関係も、どの人間関係を切り取っても良好だと思えるのは、バウムの素晴らしさだと思っています♪バウムは、あなたが困ったときには必ず助けてくれる会社です。仕事もプライベートも何でも話せる、信頼できる会社です。バウムにいると「バウムに入社してよかった」と心から思える環境が待っていますよ♪

    CLOSE

  • 鈴木(椙山女学園大学)

    鈴木さん

    • 鈴木(椙山女学園大学)
    • 鈴木さん
      (椙山女学園大学)
    バウムの面接の特徴

    どの企業よりも緊張せず、自分の言いたいことが言えるような雰囲気と最終面接での理事長自ら面接して頂き、服装は私服でした。

    面接で一番困ったこと

    想定していた堅苦しい感じではなかったので、どう返答したらいいか困りました。最終面接では私服との事で、本当に私服で良いのかと困りました。

    入社の決め手

    社員同士の仲が良いのが目に見えて分かったことです。もともと人間関係がいい所に重点を置いていたのもあるのですが、内定通知書を理事長が自宅まで手渡しで持ってきていただけるので、私という人間を大切にしてくれると感じました。

    入社を通して学んだこと

    失敗してもしっかりサポートして頂けることです。何故失敗したのかどうしたらよかったのかを先輩や上司も一緒になって考えてくれます。コミュニケーションの量が多い事です。仕事の悩みからプライベートのことまで聞いてくれるので、より楽しく仕事が出来る環境であることを実感しています。

    バウムの意外だったこと

    新卒でも所長補佐という役職に就けることです。やりたい人がやれるのはすごいことだと思いました。

    どんな学生時代をすごしているか

    のんびり過ごしていました。興味のある学部に入学したこともあり、好きな講義を受講したり、時には友だちと一緒の講義を受講したりしました。たまに帰りに友だちとご飯に行ったり、休みの日に遊んだりと平凡な日常を過ごしていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    コミュニケーションをたくさん取るので、すぐなじめると思います。分からないことがあれば丁寧に教えてくれます。失敗しても咎めることはしません。次につなげるためにはどうすればいいか一緒に考えてくれます。イベントがたくさんあるので、いろんな職員との交流が持てます。月に一度上司と2人で面談があります。その時自分が他の人に言いづらい悩みや、見て欲しい所など自分をアピールできる機会もあります。上に行きたい人が上に行くことが出来ます。鞄持ちなどチャンスはたくさんあるので、逃さないようアピールしていくといいと思います。

    CLOSE

  • 高井(愛知学院大学)

    高井さん

    • 高井(愛知学院大学)
    • 高井さん
      (愛知学院大学)
    バウムの面接の特徴

    一対一のでした。堅苦しい感じがなく、質問にも答えやすかったです。

    面接で一番困ったこと

    人生で一番感動したことを聞かれて全然思い浮かばなかったことですね!返答するのにだいぶ間を空けてしまったので焦りました。

    入社の決め手

    職員間の雰囲気がとても和やかだったことです。職場の人間関係はかなり重要だと考えていましたので大きな決め手でした。

    入社を通して学んだこと

    スケジュールを立てることの大切さです。スケジュールを立てて逆算していけば、業務でもなんでも効率よくできます。

    バウムの意外だったこと

    福祉以外の自分が興味を持っている分野の話をしても代表が耳を傾けてくださることです。なんなら今後の営業に取り入れてもらえることもあるとかないとか…

    どんな学生時代をすごしているか

    成績は別として授業には全部出る派の学生でした。とても眠たくて休みの日はほとんど寝ていました。春・夏休みの平均睡眠時間は10時間以上だと思います(笑)

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    先輩方が優しくフォローしてくださる職場です。失敗するのを恐れずにどんどん仕事に挑戦してほしいです。

    CLOSE

  • 藤原(日本福祉大学)

    藤原さん

    • 藤原(日本福祉大学)
    • 藤原さん
      (日本福祉大学)
    バウムの面接の特徴

    堅苦しい雰囲気がないため、学校で練習するような面接ではないところだと思います!

    面接で一番困ったこと

    代表との面談では、私服での面談だったのでどの程度の私服がいいのか一番悩みました。(笑)

    入社の決め手

    残業が基本的にないところと土日休みなのが魅力的でした。また、何よりも先輩職員の方々に出会ったときの元気さとアットホームな雰囲気が自分に合っていると思ったことが決め手でした。

    入社を通して学んだこと

    失敗を恐れずに取り組むことです。入社してやったことがない仕事にぶち当たるのは当たり前ですが、先輩方や上司の方々が必ず助けてくださるのでまずはやってみるのが大事だと思いました!

    バウムの意外だったこと

    ご利用者の方々との関わりはもちろんでしたが、それよりもケース記録の他にも様々な事務的作業が多くあったことです。

    どんな学生時代をすごしているか

    わたしは、大学に専門卒業後編入をして入ったため、ほかの子たちより忙しくない毎日を送っていたと思います。家から片道2時間くらいだったので毎日眠くて仕方がなかったです(笑)

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    コミュニケーションが他の会社に比べたら圧倒的に量も場も多いと思います。なので、配属先の先輩方以外にもたくさんの方と関わる機会があるので人脈が広がります。また、どう行動すれば何に繋がるのかもわかるので安心して仕事をすることが出来ると思います。

    CLOSE

  • 前川(愛知学院大学)

    前川さん

    • 前川(愛知学院大学)
    • 前川さん
      (愛知学院大学)
    バウムの面接の特徴

    大事なもの・ことを教えてくださいと必ず聞かれる!…はず。

    面接で一番困ったこと

    本社の位置が若干分かりにくかったこと。本社の職員の方々がびっくりするくらいの大声でいらっしゃいませとむかえられたこと。

    入社の決め手

    人間関係や職場環境が良く働きやすそうということと、福祉系の学校出身でなくてもしっかりと働く事ができること、残業がほぼなく、土日にイベントがある場合は代休がしっかり取れるため、プライベートもしっかりと確保できること。

    入社を通して学んだこと

    福祉系の大学出身というわけでもないので、教えてもらうこと全てが学びです。

    バウムの意外だったこと

    社内結婚、社内カップルが多い。代表が若い。

    どんな学生時代をすごしているか

    かなりドライだったかも。友達がどれこれの講義を受けるから、同じ講義を受けたいといった感情はなかった。自分が興味ある講義を自分は受けるといった感じだった。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    上司、代表にいっぱいアピールして、自分を知ってもらおう。

    CLOSE

  • 山田(三重大学)

    山田さん

    • 山田(三重大学)
    • 山田さん
      (三重大学)
    バウムの面接の特徴

    入った時にとても大きな声でのあいさつに圧倒されましたが、面接は和やかな雰囲気でリラックスして受けることができました。

    面接で一番困ったこと

    私服での面接だったので何を着ていくか迷いました。

    入社の決め手

    事業所内の懇親会やバーベキュー大会、スポーツ大会など職員同士の仲を深められる行事が多く、職員同士の仲がよさそうでいいなと思ったからです。

    入社を通して学んだこと

    アカデミーや勉強会があるので福祉について分からなくても学べる機会がある事です。

    バウムの意外だったこと

    若い人が多く、新卒でも所長補佐といった役職に就ける事。

    どんな学生時代をすごしているか

    実家から電車で通っていたので片道で2時間以上通学にかけていました。そのため学校に行く以外は基本的に家にいて自分の時間を過ごしていました。

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    職員間のコミュニケーションがとても活発なのでとても安心して働くことができます。

    CLOSE

  • 山本(日本福祉大学)

    山本さん

    • 山本(日本福祉大学)
    • 山本さん
      (日本福祉大学)
    バウムの面接の特徴

    1次面接は終始和やかな雰囲気でした。プライベートなことも話したように思います。 2次面接は理事長面接ということで、私服での面接でしたが緊張していたように思います。

    面接で一番困ったこと

    2次面接でかなり突っ込んだ質問をされました。 どんな質問が来るか想定した面接練習をしておくと良いと思います。また、どんな私服姿で行くべきか悩みました。

    入社の決め手

    土日が休みであることに加え、残業がない。更に、職員の人間関係が良いのが決め手です。アルバイトとして勤めていた前の法人では、職員の人間関係が最悪で、パワハラは当たり前でした…プライベートを充実させられる環境があることは、毎日笑顔で長く働く上で大切なことであるのではないかと考えております。

    入社を通して学んだこと

    内定式の際、理事長が「沢山失敗して学び成長して下さい」というお言葉をかけて下さいました。お陰で多くのことに挑戦することができました。失敗しても、頭ごなしに怒られることは有りません。上司や先輩職員の方々が何処が良くなかったのか、どうすれば良かったのかという点について共に真剣に考えて下さいます。お陰で失敗から学び、次に繋げることができております。

    バウムの意外だったこと

    新卒として4月に入社した段階で指定共同生活介護つくしの所長補佐に就任することができたことです。右も左も分からない新卒でも、「やりたい!」とアピールをすれば、機会を頂ける環境がバウムカウンセリングルームにはあります。

    どんな学生時代をすごしているか

    遊んでばっかりの学生でしたw 土日はボランティアに行き、平日は講義が終わったら速攻で友達と遊んでました。 内定通知書を夏休みが終わる前に頂きましたが、4年生になるまで遊びまくっていたので、単位がかなり大変なことになってました… 卒業論文もあったので、卒業間際まで本当に卒業できるのかとヒヤヒヤしてましたが、無事に卒業し、楽しく働くことができてます!

    後輩(続く内定者)へのメッセージ

    未経験でも先輩職員の方々が親身になって優しく指導して下さいます。インストラクターという職員も居ます。また、コミュニケーション量の多い法人です。仕事やプライベートのことなど、いつでも相談受付中です! 安心して福祉職員としての第一歩をバウムカウンセリングルームで歩んでいって下さい。

    CLOSE

copyright© 2020 特定非営利活動法人 バウム カウンセリングルーム all rights reserved