内定者の声(2020年度入社)


面接の特徴や一番困ったことや入社をしてから学んだことやびっくりしたことなどの声を紹介します。

加古さん

椙山女学園大学
国際コミュニケーション学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
二次面接の時に私服で来てくださいと言われたのがまずびっくりしました。
私服といってもどのくらいの私服で行くのか、ネットで調べたり、親に聞いたりしました。質問は素の自分を話しやすい環境で笑顔で話すことが出来ました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
バウムに入社して気づいたことは、とにかく怒らない環境作り、失敗しても怒ることなくしっかり教えてくださるので次やるとき間違えることなく行うことが出来るところです。学びが増えてどんどん成長していくことが実感できました。
びっくりしたところはとにかくイベントが多く、全力でイベントを楽しんでいるところです。そのおかげで会社全体本当に仲が良いことを実感できます。
《就活生や内定者へのメッセージ》
就活生の方は今コロナで大変な時期だとは思いますが、自分に合った会社というのは絶対見つかると思いますし、ここに入りたいと思ったら、どれだけ大変でも自分なら必ず入れると信じることが大切です。
内定者の方は、バウムは本当にいい会社だと思います。困ったことがあったらすぐに助けてくれる先輩や上司の方が側にいますので心配することはないと思います。来年会えるのを待っています。
×

宇納さん

名古屋学院大学
法学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接でびっくりしたことは最終面接が私服指定だったことです。今までの面接はスーツで面接を受けたので驚いたことを覚えています。
また、面接の会場は本社だったのですが、面接の会場に着いた際の職員の方の挨拶の声の大きさに圧倒されていました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
びっくりしたことは社員の仲の良さです。先輩、後輩や上司、部下関係なく皆さん仲が良いです!就活していた時も社員の方たちの仲の良さに魅力を感じて入社を決めました。
現在グループホームで働かせていただいています。疑問に思ったことや分からないことを聞きやすい環境で働きやすいと思います。
《就活生や内定者へのメッセージ》
今はコロナ禍で就職活動は大変だと思います。ですがまずは体調管理をしっかり行いましょう。これからの季節は体調を崩しやすいとは思うのでお体にお気をつけください。
「気になるな」と思ったら即行動することをおすすめします。疑問に思ったことをすぐに聞いたり、気になると思った企業の説明会の予約をしたりするなど、すぐに行動することは社会に出てから必要な力だと思います。来年お会いできるのを楽しみにしてます。
×

川地さん

金城学院大学
人間科学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
スーツ禁止と言われてまず驚きました。私服OKでなくスーツ禁止。あと、友人から推薦書を最大5枚まで書いてもらってくださいと言われ少数精鋭な友人に頼んだりもしました。思い返せば楽しかったです。
面接自体は堅苦しい質疑応答でなく自分のアピールポイントを話してそれを掘り下げてくださるのでとても話しやすかったです。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
月に一回上司との面談、加えて新入社員は1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月ごとに決まった先輩職員と面談があるので自分の頑張っていることや悩み事、プライベートのことなども幅広く話せます。
あと、コロナ渦でもオンラインなどでイベントは開催してくださるのでオンとオフの切り替えもバッチリです。
《就活生や内定者へのメッセージ》
先の状況がわからない中、環境が変わることはとても不安だと思います。ですがバウムはその不安にきちんと寄り添ってくれていると入社して感じました。
色々と条件も大切ですが、直感も大事だと思います。そしてそれを行動に移せるフットワークもすごいだいじです。きっとどこに就職しても最強の武器になると思います。
来年会えるのをお待ちしています!
×

鈴木さん

名古屋女子大学
短期大学部生活学科

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接で困ったことは、最終面接で「私服でお願いします」と言われたことです。私服とはどこまでの私服でよいかわからず、ネットで調べたり家族に聞き、悩んだ結果白いシャツで行きました。
質問の中には、履歴書の内容にあった、当時アルバイトしていた「鰻屋」の話で盛り上がったのを覚えています。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
バウムに入社して驚いたことは、会社説明会で代表が説明された通り、「挑戦する」きっかけを先輩方が平等に与えてくれることです。そのおかげで、現在もたくさんのことに挑戦することができています。また、「〇〇終わりました」という報告などは、うざいと思われるくらい報告をしても怒られません。逆に報告をすればするほど褒められます。
《就活生や内定者へのメッセージ》
先就職先を悩んだ際は、まず自分にとってここだけは譲れない条件を書き出し、順位付けすることをおすすめします。また、決めていた職種や業種ばかりに捉われず、考えていなかった業種に目を向けてみると自分にあった会社に出会えると思います。
周りに影響されず、自分のペースで焦らずに頑張ってください。出会った場所がバウムだったらうれしいです。
来年お会いできることを楽しみしています。
×

岩﨑さん

名古屋経済大学
経営学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接で驚いたことは、理事長と一対一で最終面接を行うのに指定が私服だったことです。
どんなのを着ていけばいいかわからず、とにかく検索しました。
当日は、理事長との面談でとても緊張しましたが話しやすい雰囲気で面接を進めて下さったおかげで素直な気持ちで面接を行うことが出来ました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
バウムに入社して、驚いたことは上司との関係性です。
上司がとても部下の事を大切にして下さいます。不安なことがあれば相談に乗って下さり、失敗しても怒らずに失敗しない為の方法を教えて下さるので、常に学び続けることが出来ます!
本当にみんな仲がいいため、バウムの職場環境の良さには驚きました。
《就活生や内定者へのメッセージ》
今は、コロナで就活も大変な時だと思います。働く上で、自分が一番大切にしていることを忘れずに就活頑張ってください!
内定者の皆さん。内定おめでとうございます!お会いできる日を楽しみにしています!
×

礒部さん

名城大学
理工学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接でびっくりしたことは、友達5人から推薦文をもらって来てと言われたことです。
他の選考ではその様なことを言われた事はなかったのですごく記憶に残っています。急いで友達に「いい感じで書いて!!」とお願いしに行きました。
当日もとても話しやすい雰囲気でリラックスして臨むことができました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
入社してびっくりしたことは、職場環境の良さと失敗ウェルカムな所です。
先輩は皆さん何か質問したら優しく教えて下さいますし、対応に困ったときはこうしたら上手くいくかもよとアドバイスをしてくれます!!!
上司や代表とも面談ができる機会が多くあるので、相談事などはしやすいと思います。
《就活生や内定者へのメッセージ》
内定者の皆さん、内定おめでとうございますぽよ!
就活生の皆さん、お疲れ様ですぽよ!
就活していく中で行きたいところに内定が出なくて焦ってしまうこともあると思いますが、人生自分次第でどうとでもなるので後悔の無いよう就活を楽しんで、投げやりにならないでよく考えて頑張ってください!!!
新卒は一度きりです!!!
来年お会いできるのを楽しみにしています!
×

永田さん

同朋大学
社会福祉学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接では、自分のアピールポイントを自分の言葉で話せることはもちろん、面接担当の方もそれに丁寧に応えてくれるため、リラックスして挑めました!困ったことは、こんなに落ち着きすぎてていいのか?と手応えが全く無かったことです(笑)
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
学んだことであり驚いたことでもあるのですが、仕事における職場環境の大切さ、特に職員同士の人間関係の大切さです。仕事なので辛いこともたくさんありましたが、上司、先輩の皆さんのおかげで続けられています
《就活生や内定者へのメッセージ》
就活中の方は、今一番大変な時期かもしれません。ですが、就活へかけた時間は、その分未来の自分に返ってくるはずです!
内定者の方、残りの学生生活等をぜひ楽しんでください!お待ちしております。
×

渡辺さん

愛知教育大学
教育学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接の特徴として言えるのは、面接官との距離が近いことです。距離の遠い厳格な面接を予想していたので、かなり驚きました。良い意味で緊張感があまりなく、雑談をする感覚でスルスルと言葉が出てきました。誰もが素直に、笑顔で話すことができると思います。面接会場が多少分かりづらかったので、その点は困りました
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
入社して学んだのは、一人で悩みを抱え込まないことです。もともと私は抱え込むタイプだったのですが、頼れる人たちが近くにいることを実感してから、仲間の力を信じて頼ることができるようになりました。職員の仲が良いのは、楽しいだけでなく、いざというときに頼りやすいという利点もあります。社会人になって、頑張りすぎないこと、周りの人に助けてもらうことの必要性を学ぶとは思いませんでした。
《就活生や内定者へのメッセージ》
就活生の皆さん、お疲れ様です。コロナ禍での就活というのもあり、戸惑うことや辛いこともたくさんあると思います。しかし、自分自身を見つめ直し、他者にアピールすることができる数少ない機会です。せっかくなので、後悔のないよう楽しみましょう!
内定者の皆さん、内定おめでとうございます!働く上で色々不安に思うことがあると思います。そんなときは、上司や周りの先輩職員に声をかけてみてください。必ず力を貸してくれます。私も来年皆さんにお会いして、力になれたらうれしいです。
×

竹村さん

名古屋スクールオブビジネス
総合ビジネス学科

《面接の特徴や一番困ったこと》
バウムの面接の特徴としては面接の前に友達5人から推薦状を貰うところから始まります。私は専門学校在籍時の友人に頼み推薦状を書いてもらいました。
面接時はスーツでなく私服で参加しても良いことに驚きました。面接は決められた質問をされるのではなく雑談を交えながら普通のコミュニケーションを取る感じに進行していきました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
バウムに入社して学んだことやびっくりしたことは事あるごとに報告、連絡、相談がとても大事だという事を学びました。報連相をしなければご利用者様やお客様からのご意見、クレームに繋がってしまうので、まず何よりも上司や同僚への報連相が大事だと入社をしてから強く感じました。
《就活生や内定者へのメッセージ》
現在、就活をやられている皆様は現在コロナ渦のため面接や会社説明会もリモートでの開催が余儀なくされ大変かと思われます。ですがこの大変な時を乗り切ればきっと自分の力になるかと思われます。頑張ってください。
内定者の皆様、内定おめでとうございます。これから新社会人になるにつれ不安な事があるかもしれませんが、上司や先輩に頼りながらお仕事頑張ってください。
×

小平さん

岐阜総合学園高校
生活福祉系列

《面接の特徴や一番困ったこと》
私は他の新卒の方と違い、1回しか面接をしておらず、その1回が理事長との面接でした。初めての面接が理事長ですごくびっくりしましたが、面接の前に採用課の方と少しお話したこと、高校で練習したような堅苦しい面接ではなかったこともありあまり緊張することなく面接をすることが出来ました。また、面接会場は本社ではなくDOLLハウスでした。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
先輩後輩関係なくすごく仲がいいことにびっくりしました。高卒ということもあり1番近い先輩でも3つ歳が離れています。ですが、年齢や先輩後輩関係なくたくさん話しかけてくださるため、すごく人見知りな私でもすぐ慣れることが出来ました。
《就活生や内定者へのメッセージ》
私は高卒で入社したため、就活をしたことがありません。ですが、高校には障がい者福祉の求人がなく必死に探しました。今の就活生もそうだと思います。こういう時期というのもありなかなか見つからないかもしれませんが諦めず頑張ってください!
内定者の皆さん、内定おめでとうございます。年上の内定者、年下の先輩ということに不思議な気持ちですが、一緒に頑張りましょう。来年会えることを楽しみにしています。
×

白川部さん

千葉商科大学
商経学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
型にはまっていない質問が多く、堅苦しくない雰囲気で面接をしてもらえたこと。面接の際、採用課の職員が一人で採用活動を行っていることにも驚きと尊敬を感じました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
びっくりしたことは職員の異動が激しいことです。1か月で上司である所長が変わったり、先輩職員が異動したりと驚きの連続でした。
学んだことは人の立場に立って物事を考える力が身についたことです。「ご利用者様の立場」、「先輩、後輩職員の立場」、「作業所の職員の立場」といったように様々な観点でモノを観て、考える力が強くなったように感じております。
《就活生や内定者へのメッセージ》
現在就活生の皆様は大変な思いをされていると思います。思うように結果が出なかったり、説明会も中止になったりとつらいとは思います。しかし、落ち込まずないでください。時には立ち止まって、心の荷物をおろしてみてください。人生とはゴールを目指す遠い道ですし、重い荷物は捨て、手ぶらで歩いた方が楽しいです。そして、世界はあなたを中心に回っています。そう考えるだけでも、心の持ちようも変わってきます。応援しています!頑張って下さいね。
そして、内定者の皆様は内定おめでとうございます。これから新たに社会人の仲間入りを果たす訳でもあり、どちらかというと不安な気持ちの方が強いと思います。ですが、最初から完璧になんでもできる人なんて一人もいません。互いに支え合って生きていくというのも人生という名のゲームでもあります。困ったら先輩や同僚、上司に頼って下さい。納豆のように粘り強く一緒に仕事をしていきましょう。
×

横井さん

金城学院大学
人間科学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
私が面接で一番印象に残ったことは、最初の挨拶です。私が挨拶をすると本社の皆さんが元気よく挨拶をして下さったので驚きが大きかったです。また、困ったことは推薦状5名を誰に頼めばよいか少し悩みました。しかし、身近な方からみた自身の良い所ということで記念に写真を撮り今でも時々見返しています。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
私が現在バウムで学んでいる事はご利用者様への声のかけ方です。同じ意味でも言葉やニュアンスを変える事により納得していただきやすくなります。最近は家族に「扱い(対応)が上手くなったね」と褒めてもらいました。
また、私が入社して驚いたことは(バウム新聞でも記述させていただきましたが)ご利用者様の性格が暖かい人ばかりという事です。挨拶をするとこちらの体調を気遣って下さったりもします。
《就活生や内定者へのメッセージ》
自身が社会人としてどのように働きたいか、プライベートまたは仕事を充実させるためにはどんな条件が良いかを自身に問いかけて就活を行うと良いと思います。
×

畑中さん

星城大学
経営学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
私服での面接と友人5名からの推薦書を頂かなければいけないというところです。
私服は迷いましたが、私服での面接のおかげでリラックスして面接ができたと思います。推薦書では改めて友人から見た自分を知ることができて嬉しかったです。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
バウムに入社して驚いたことはサンクスカードです。バウムではどんな小さなことでも感謝し相手へ手書きメッセージを送ります!受け取った側は感謝されたことでモチベーションもあがりますし、手書きなのでより嬉しいです!学んだことはあいさつの大切さです。あいさつを徹底していれば、それをみたお客様がいい印象を受けます。そしてそれがバウムの評価になります。その責任の大きさを学びました。
《就活生や内定者へのメッセージ》
就活生の方には会社を選ぶ時には、自分が見て感じたことを大切にしてほしいです。その会社の第一印象、職員の様子、その場の雰囲気をみていいなと思ったところはいい会社なのかなと思います!私はバウムでそれを実感しました。内定者の方は不安なことがほとんどだと思いますが、バウムはとても人間関係の良い会社です。先輩方は困った時には必ず助けてくれます。最初はみんな同じなのでわからないことは聞いて、マネをして、失敗をして一緒に学んでいきましょう!
×

小林さん

愛知淑徳大学
心理学部

《面接の特徴や一番困ったこと》
びっくりしたことは断トツ挨拶です!面接に伺った際に職員の皆さんが「いらっしゃいませ!」と迎え入れてくださり、面接時とても緊張していたのですが、びっくりして緊張も吹っ飛びました。そのため落ち着いて面接を受けることができました。
《入社をして学んだことやびっくりしたこと》
やる気があることをアピールすれば先輩職員が親切に新しい業務を教えてくださり、できることが増えていきます。新入職員でもやりたいことが叶いやすい職場です。そのため、やってみよう!と思ったら上司に伝えるなどしてすぐに行動に移すことが大切だと学びました。また、びっくりしたとは毎日業務前に作業所の清掃作業を行うことです。掃除をすると気分がスッキリして1日元気に働けます!
《就活生や内定者へのメッセージ》
就職活動の時期は振り返ってみると私にとっては自分探しの時期でした。さまざまな企業を調べ、自分がそこで働いている姿をイメージすることでさまざまな自分に出会えました。自分でも気づかなかった自分に気づくことも少なくないと思います。その中で、働いている自己イメージがはっきりと見える職種を見つけてください!周りとは比べずに焦らずいきましょう!疲れた時はしっかりと休んで心の健康第一で^_^応援してます!!
×
copyright© 2020 特定非営利活動法人 バウム カウンセリングルーム all rights reserved