職員インタビュー

新卒職員の声 (2021年入社)

一柳さん

愛知学院大学総合政策学部
→指定就労継続支援施設ストック

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

面接会場に入った瞬間の挨拶です。
挨拶の声の大きさに圧倒され、その瞬間に自然と背筋が伸びたことを今でも覚えています。とても緊張しましたが、和やかな雰囲気で面接してくださり緊張がほぐれました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

失敗したことを次に活かせるように、先輩方が声かけしてくださることです。
初めての失敗で落ち込んでいた時に「おめでとう」と言われてしまいました。少し気持ちが軽くなりました。感謝しかありません。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就職活動に早い遅いは本当に無いと思います。
周りに流されず、納得いくまで自分のスピードで頑張ってください。そして、学生生活たくさん楽しんで思い出作ってくださいね!

三田さん

同朋大学社会福祉学部
→指定就労継続支援施設ネリネ

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

最終面接で理事長と面接をするのですが、そこではスーツではなく私服で面接をすることに驚き、困りました。
普通ならスーツのところを私服での面接なので、どのような私服を着ればいいのか本当に困りました。スーツだったら、スーツを身だしなみ整えて着るだけですが私服ですので、どのような服が良いのかを最終面接の連絡を頂いた時から悩んでいたのを覚えています。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

バウムに入社して驚いたのが、失敗しても怒られず上司や先輩方が失敗に対して成長する経験として認識している事です。失敗して怒られないので業務をする時、失敗を恐れずに積極的に行動できて、失敗しても次に活かしやすいのがとても働きやすいです。
積極的に行動できるので成長をする事ができて、自身の成長を実感します。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

まだコロナの影響が収まらず、就職活動が大変な時期だと思います。ですが、焦らず自身のペースで就職活動をしてください。そしたら、自分に合う仕事など見つかると思います。
僕も就職活動はゆっくりマイペースでやってました。焦らず、ゆっくりやるのが1番です!残りの学生生活も楽しんでください!

赤松さん

大手前大学現代社会学部
→指定共同生活介護なつめ

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

面接の特徴として、理事長との面接の前に、採用課の方と理事長の面接で話す内容の打ち合わせを行った事が衝撃的でよく覚えています。
企業のトップとの面接は採用試験としては珍しくないですが、その前段階として採用課の人と面接打ち合わせをするというのは就活をしている企業の中で見たことがなく、斬新だなぁという印象がありました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

学生の頃にはあまり意識していなかった報告・連絡・相談の重要性を痛感したこと。
これが出来ていないことで話が伝わっていなかったり、職員だけでなくご利用者様にも迷惑がかかります。これを疎かにし、猛省したことは記憶に新しいです。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

コロナ禍で就活の様子が変化し、ネット上のリモートでの面接が主流となったことで、実際の会社の空気や現場の雰囲気が掴みづらくなっていると思います。周りが内定している中焦ることもあるかもしれません。それでも自分の人生の事なので、じっくり考えて選び、歩んで行ってください。
その歩みの中でバウムを選び、決めてくれた内定者の皆様。事業所は多々ありますがどの事業所も面白い方ばかりだと聞きます。実り多き、幸多き人生になりますよう、お祈りしています。

落田さん

中部学院大学人間福祉学部
→指定共同生活介護コスモス

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

最終面接は「私服」とのことで、とても困ったのを覚えています。いまでは、お母さんと一緒に服を考え選んだことが良い思い出になっております。会社のトップである代表と一対一で話すことが出来るのもバウムの面接の特徴の一つだと思います。私自身とても緊張しましたが、話しやすい雰囲気であった為か不安だった自己PRをきちんと行うことができました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

挨拶や環境整備の大切さを学びました。挨拶に関しては初めて本社へ行った際、いままで生きてきた中で飛び抜けて大きく、丁寧な挨拶にびっくりしたのを覚えています。挨拶を徹底することでそれが信頼や実績に繋がっていくこと、仕事をやり易くする環境を整えて備えることで仕事の効率化を図れることを身をもって感じました。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就活生の方は、就職する上で自分はなにを譲れないものとするのかを考え、それを軸として就活していくと良いと思います。内定者の方は、今後バウムのことを多く知っていく機会があると思います。疑問に思ったことがあればその都度聞いて、入社前になるべく不安な要素を取り除いて置くと良いと思います。バウムの方たちは質問すれば、必ず答えてくださります!

小林さん

中京大学文学部
→指定共同生活介護ミモザ

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

バウムの面接の特徴は、個人的には終始穏やかな雰囲気で進むことだと思います。
私はすごくあがり症で、面接中に言葉に詰まってしまったのですが、面接官の方が落ち着くまで待って下さりお伝えしたい事をしっかり話すことができました。それでも自信がなく、不合格と思っていたら次に進めるとの言葉を頂けて、中身を見て社風と合うか決めてくれる法人なんだなと思いました。一番困ったことは5分間の自己アピールをしなければならなかったことです。ですが、面談で採用課の方に色々と相談に乗って貰えたので、何とかやりきることができました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

バウムに入社して学んだこととびっくりしたことは、体調管理についての姿勢です。
先輩職員の皆様方は、体調がよくない時には「早く治した方よ」「早く良くなることは小林さんにとっても職場のためにもなるから、無理せず休んだ方がいい」「いくら気を付けていても体調は崩してしまうこともあるからお互い様だよ」と言って下さいます。そういったところから、助け合うために自分の体調管理をしていこうと学ぶことができました。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

まずは就職活動お疲れ様です。
私がそうだったのですが、焦って就職活動ばかりに時間を割いていると「何でもいいから就職させて!」となってしまって、将来自分がどうなりたいか何をしていきたいのかなど、大事な部分への意識が薄れて来てしまうことがあります。そうなると内定を取ってしばらく経った後に「やっぱりここは違うかもしれない」と後悔しても手遅れ……ということが起こり得ます。ですのであまりご無理はなさらず、適度に楽しいことをして休みながら頑張っていくのをオススメ致します。もしご縁がありましたら、一緒にお仕事ができる事を楽しみにしております。

佐藤さん

南山大学人文学部
→指定共同生活介護ミモザ

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

面接の特徴としては、理事長の面接の前に、採用課の担当の方が、理事長にアピールする内容を一緒に考える面談があることです。二次面接が理事長との面談だと伺ったときは、きちんとアピールできるか不安でいっぱいでしたが、採用課の方が内容を考える面談の時間を取ってくださって、自分の考えた内容を添削して頂けました。おかげさまで、二次面接では緊張はしましたが、安心して面接に臨むことができました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

学生時代までなかなかできていなかった報告・連絡・相談の重要さが分かってきました。特に、学生時代には進捗を報告するのができていなかったため、日々、業務が未完了だったときの進捗を報告するということを意識しています。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就活中は、まだ内定が出ないと焦ったり不安になったりすることもあると思いますが、じっくり探していくのもアリだと思います。周りに流されず、自分が何をしたいか、何ができるか、どんなところなら働けるかなど、自分をしっかり持って頑張ってください!!

中田さん

京都医療福祉専門学校心理メディカル科
→指定就労継続支援施設ダリア

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

面接の特徴であり、困ったことは挨拶に圧倒されたことです。説明会や面接で本社に伺った際に大きな声で「いらっしゃいませ」と言われて本当に驚きました。よろしくお願いしますと返答するにも声のボリュームが分からず、あたふたしてしまった記憶があります。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

職員の若さに驚きました。私の配属先は20代ばかりですごくフレッシュです。仕事やプライベートのこと、なんでも相談できる環境であると日々感じています。役職がついている方でもとても若く、頑張れば認めていただけるバウムの環境にとてもびっくりしました。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就活にスピードなんて関係ありません!早々と内定をいただいていたとしてもじっくり考える時間があると良いと思います。学生とは違い、これから先数年、数十年とお世話になる会社です。自分なりに考えてゆっくり時間をかけて素敵な出会いがあるようお祈りしています。

常川さん

椙山女学園大学人間関係学部
→宿泊型自立訓練施設やまぶき

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

面接で困った事は最終面接が私服だということです。「オフィスカジュアル」というワードで何度も検索し、いろんなサイトを参考にしたり、母に相談してみたりして、最終面接に挑んだことがとても印象に残っています。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

学生生活ではあまりしてこなかった報告・連絡・相談がとても大事だという事を学びました。些細な事でも報告をして、職員の間で情報を共有していく事がご利用者様を支援するうえでとても大事だという事がよくわかりました。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

大変な時期だと思いますが、周りに流されず、慌てずに自分のペースで就活をすることが大事だと思います!最後の学生生活を楽しんで、たくさん想い出を作ってください!!

森川さん

愛知大学法学部
→指定共同生活介護あじさい

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

バウムの面接でまず思ったことは、他社の面接と比べ雰囲気が柔らかく、面接官の方も優しかったことです。自分がうまく伝えられなかったことも要約して解釈していただいたことがあり、とても助かりました。一番困ったことは、5分間の自己アピールを考えることです。文章を考えたり、覚えたりすることに時間がかかりました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

バウムに入社して学んだことは、何事も早めにやっておくことや、事前準備が大事であることです。私はマイペースなところがあるため、それが課題になっています。一方でびっくりしたことは、職場の方々が思っていたよりも優しかったことと、職員同士の仲がとても良いことです。何が困ったことがあればいつでも聞いて頂けるのでとても働きやすく、ありがたいです。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

やっぱり自己分析が大事だと思います!例えば、働く時に自分が何を大事にしたいかを考えてみるなどです。結構直感も大事だと思います!なんとなくいい気がする…って感じです。自分に雰囲気とか合う気がしたらそれを信じていいと思います!最後に、コロナ禍の就活、とても不安だと思います…。私も不安でしたが、なんとかなりました!辛い時期もあると思いますが、いつかは解放されます。たまには息抜きもしてくださいね…!自分のために頑張ってください!
内定者の方、内定おめでとうございます!新社会人、不安もあると思います。けれど、バウムは良い人がたくさんいらっしゃるので安心してもらって大丈夫だと思います!全力でサポートしていきます

田久さん

中京大学総合政策学部
→放課後等デイサービス デイジー

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

バウムの面接の特徴は、面接の雰囲気が暖かいことです。
私は一次面接を対面で受けさせていただき、採用担当の方と1対1で面接をさせていただきました。私の言葉足らずの箇所を深掘りして質問していただき、とても暖かい雰囲気の面接でした。また、より詳しい会社資料をいただき、たくさん質問をさせていただきました。とても丁寧に答えてくださり、よりこの会社で働きたい!という思いが強くなった面接でした。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

入社して学んだことは仕事の楽しさです。同じ事業所で働く職員のみなさんは面白く個性的で、たくさん笑わせていただいています。またご利用者様の何気ない言葉や楽しいコミュニケーションのおかげで、毎日笑顔で働くことができています!
入社してびっくりしたことは会社イベントの楽しさです。オンラインBBQや部下の理解度テスト、2ヶ月に1度の事業所懇親会など、盛りだくさんです!私は三重エリアのデイジーで働いていますが、イベントで愛知や岐阜のみなさんとお話しすることができ、このコロナ禍でも『繋がっている』と感じることができています!

Q.就活生や内定者へのメッセージ

『自分は今何を大切にしたいのか』を大切にしてください。ぐるぐると考えてしまい不安になることもあるかもしれませんが、大切にしたいことが心の中にあれば、きっと大丈夫です。自分自身と向き合う機会ととらえ、自分のペースで焦らず取り組んでください。最後に、コロナ禍で大変だとは思いますが、残りの学生生活を楽しんでください!

山本さん

椙山女学園大学人間関係学部
→指定就労継続支援施設カトレア

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

バウムの面接を受けて感じたのは、面接官の方がとても優しく、終始話しやすかったということです。自分の言葉を肯定してくださるので、緊張しながらも自分の思っていることを伝えやすかったです。また、困ったことは5分間の自己アピールです。最終面接で理事長の前で行うためとても緊張しますが、事前に考えて練習すれば恐くありませんでした。面接官の方に内容をアドバイスしていただけるのも、有り難かったです。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

バウムに入社して感じたのは、職場環境の大切さです。残業もなく、上司や先輩方はみなさん優しく業務について教えてくださります。社内イベントが多いため職場に馴染みやすかったです!また、驚いたのは挨拶の大きさです。本社に面接に伺った際も思わずビクッとするほど、大きな声でいらっしゃいませと挨拶してくださったので、最初は戸惑いました。のちに挨拶の大切さも学ぶことができました

Q.就活生や内定者へのメッセージ

とにかく他の人を頼ってください!自分一人で考え込んでしまうと、視野が狭くなりがちなので、友人や家族、大学のサポートなどいろんな人に相談していくと大分楽になります。
無理しすぎないように、たまには息抜きしながら就活頑張ってください!残りの貴重な学生生活、悔いのないように楽しんでください!

野澤さん

三重短期大学生活化学科
→指定共同生活介護らん

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

バウムの面接では最終面接で理事長と一対一の面談と自己アピールの時間がありました。
当時の私にはこれと言ってアピールポイントが無く、どういった風にまとめ、アピールしてゆくのかとても困っていました。
しかし、二次面接にて採用課の方と自己アピールについてまとめて頂く機会が設けられており、そこで私の特徴の「休む時は休み、働くときは働くという切り替えが出来る」事を話し合いの中で見つけて下さり、それを活かした自己アピールが完成しました。当日も事前に内容を決めておけたので安心して最終面接に取り組む事が出来ました。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

学んだこととしては「話しの聴き方の見極め」です。私はグループホームに配属され、夜間巡回で一人ひとりお話を聴きます。この時大切なのはお話しの答えを求めているのか、ただ聴いてほしいだけなのかの二つを見極める事が重要だと学びました。
びっくりしたことは毎日行う経営計画書の読み合わせです。バウムのルールとして作られている経営計画書を読み合わせると言うのは中々聞かない事なので最初はとても驚いたのが印象に有ります。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就活生の方へ。バウムは日々新たな事が増え、楽しい事も大変だなと思う事も沢山有ります。ですが、手厚くしっかりと教えて下さる先輩の元仕事を身に付ける事が出来る為、安心して仕事が出来ます。また、様々なイベントも積極的に行なっている為他の職員さんとも交流ができ、良いリフレッシュにもなります。
バウムに内定された方へ。内定おめでとうございます!バウムは失敗して成長出来ると考えている法人です。失敗した時は先輩方の助言も受けながら成長し、自分の武器として身に付けて共に成長していきましょう。

山崎さん

愛知学院大学総合政策学部
→指定共同生活介護ランプ

Q.バウムの面接の特徴や一番困ったこと

会社のトップが自ら面接をしてくださるところだと思います。私自身も様々な会社の面接を受けてきましたが、会社のトップの方が面接を行って下さるところはありませんでした。トップの印象一つでその会社の印象が決まるといっても過言ではないので、面接の段階でお話しすることができることは決め手となる大きな要因だと思います。

Q.バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと

バウムに入社して学んだことやびっくりしたこと:とにかく上司が若いです。実際私の上司である所長もまだ20代半ばという若さです。3年ほど実務経験を積んだうえで役員になることはあれども、入社1、2年で所長になれる会社はないため、非常に驚きました。

Q.就活生や内定者へのメッセージ

就活お疲れ様です。おそらくこの情勢もあり、業界によっては思うように就活が進まれていないかもしれません。ですが、あなたに合った就職先は絶対あるので、諦めずに視野を広く持って頑張ってください。あと、業種の一つとして是非障害福祉も視野に入れてくださいね!