本文へスキップ

お気軽にお問い合わせください!

TEL. 052-521-2334

受付時間 平日 10:00〜19:00

 

その後成長記workplace

お客様開拓委員会が行く!職場同行1日〜加藤 大稀さん編〜

加藤 大稀(かとう まさき)
【同行日】平成28年4月25日
【配属】指定共同生活介護ホタル → 指定共同生活介護ランプ所長
【実感した変化】ご利用者様の変化があります。また、指示を受ける側から出す側の立場に変わったことで、以前までは仕事を受けて取り組んでいましたが、今は自身で仕事を探し整理を行い部下に投げる立場になったことが、変化の実感に繋がっています。
【これだけは誰にも負けないということ】嫌なことがあっても、表に出して落ち込んだり怒ったりせず、とにかく明るく前向きに考えられること。
【部下への一言】いつも理不尽なことや、力不足で迷惑をかけてしまっているのにそれでもついてきてくれてありがとう!1年間管理職できているのは、自分だけでなく部下のおかげでもあります!
【今後挑戦したいこと】サテライトなどで、新たな売り上げの創出するなど、結果を残したい!

以前広報委員会(現お客様開拓委員会)で紹介した職員です。
現在指定共同生活介護ランプの所長の役職についており、管理職として日々奮闘されています。
そんな加藤さんのある1日の業務の流れを紹介していきます。

朝の朝礼の時間です。朝礼の進行は所長が交代でしていますが、最近は加藤さんがされることが多いです。各事業所のスケジュールの把握や、申し送りを行い、同事業所の職員間だけでなく、事業所間の情報共有をするための大事な1シーンです。


経営計画書の読み合わせです。現場職員だった頃より、大きな声がでており、部下の見本にもなっていると上司からも評判です!


他の事業所の所長との情報交換の1シーン。ただ歓談しているだけにも見えますが、所長ならではの現場の環境について話し合っています。以前、直属の上司と部下という関係であった堀さんとも、今では同じ所長という立場です!


事務仕事だけが管理職の仕事ではありません。現場の職員の手が空いてない場合は所長自ら現場の対応をされます。


この日はご利用者様に頼まれていた備品の買い出し、見積もり等の業務をされています。


部下に指示を出しています。部下や他事業所の職員から頻繁に連絡が来るため、迅速に対応できるように携帯電話は手放しません。もう立派な所長ですね。


事務所に戻って事務仕事中です。部下からの業務報告の確認、書類チェック等、様々な業務をこなしていきます。


ご利用者様の居室に伺いドアのチェーンの修理をしています。現場職員と比べるとご利用者様と接する機会が減ってしまっているため、積極的にコミュニケーションをとって支援活動に反映させていきます。


部下へ業務に対する指導をしています。その場で直接指導をすることで、問題を先送にせずトラブルの元を減らします。


指定共同生活介護ランプでは週二回、業務終了1時間前から30分間業務や福祉関連の法律に関する勉強会を行っています。
講師は先輩職員、所長が担当します。部下に的確に指導をするために、講師役の職員には業務や法律に対する深い知識が求められます。



ご利用者様へ請求するための領収書等をチェック。金銭関係は一番トラブルが起きやすいため、間違いが起きないようにしなければなりません。


業務を終えて退社します。


という訳で今回は、指定共同生活介護ランプ所長加藤さんの1日を紹介しました。
1年半前に所長を目指す現場職員としてのホタルの加藤さんを紹介しましたが、今では目標通りランプの所長として活躍しております。
堀所長や吉永部長から教育を受けた加藤さんは、今でも報連相を徹底しており、部下の教育にも力を注ぎつつ所長業務もしっかりこなしています!

所長になった今でも、さらなる目標に向かって進み続けています!
これからの加藤さんの更なる躍進にも期待です!