本文へスキップ

お気軽にお問い合わせください!

TEL. 052-521-2334

受付時間 平日 10:00〜19:00

 

職場体験記workplace

お客様開拓委員会が行く!職場同行1日〜牛丸 友里江さん編〜

牛丸 友里江(うしまる ゆりえ)
【同行日】平成28年 9月 26日(月)
【趣 味】掃除洗濯岩盤浴です。
 岩盤浴に入って、休憩室で休んで、岩盤浴に入って、休憩室で休んで、を繰り返しています!
【配 属】指定共同生活介護くるみ→指定就労継続支援施設ネリネ
【実感した変化】食欲が増えて、体重も増えました。場数を踏んだので、前以上に度胸が付きました。
【これだけはだれにも負けない事】 切り替えの早さ
【今後挑戦したいこと】 社会福祉士の資格を取りたいです!

以前広報委員会(現お客様開拓委員会)で紹介した職員です。
現在は指定就労継続支援施設ネリネで活躍されています。
そんな牛丸さんのある一日の業務の流れを紹介していきます。


出勤後、1日の流れを決めます。
このタイムテーブルを元に職員は一日の業務を行います!



今からご利用者様の送迎に向かいます。「安全運転で行ってきます!」
送迎の車の中では、ご利用者様のその日の調子を確認したり、他愛のない話をするなど、 何気ない時間でもコミュニケーションを大切にしています。




送迎から戻るとすぐにご利用者様の服薬です。
牛丸所長が作業所に入るとご利用者様が集まって来ます(笑)
ご利用者様の相談を聞いたり、浮かない表情をしているご利用者様を見つけると、声を掛けて気遣っています。
この気遣いや対応が牛丸所長の凄いところです!!



服薬が終わると会議に向かいます。
会議には同行できませんでしたが、お客様満足度向上委員会で、その名の通りお客様の満足度を上げるためにどうするかを話し合っているそうです。


会議から戻り、作業所も落ち着いて来た頃・・・
通所されていないご利用者様の確認の連絡をGHに行います。
このGHとの報告・連絡・相談が大切なことだと牛丸所長はいつも話されています!
ご利用者様の様子を気にかけたり、たくさんコミュニケーションを取り、小さな変化にも気付くことができるよう心掛けているそうです。




お昼休憩です。
休憩中でも職員と内職の相談をするなど、頭の中は仕事のことを考えていますね。
雑談も楽しんでおり、最近は健康食品の話で盛り上がっているそうです!!




休憩が終わると午後の作業開始です!
ここでも、ただ内職を行なっているのではなく、ご利用者様を見守りながら、時に優しく声を掛けたり、時には厳しく指導を行うなど、ご利用者様を一番に考えて動いています。




ここで何より伝えたいことは、牛丸所長の現場にいる時間の長さです!
いつ所長業務や事務仕事をしているんですか?と聞きたくなりますよね!
これもまた牛丸所長の凄いところです!!
現場を大切にしながらも、自分の仕事はきっちり計画的にこなしています。
まさに、スーパーキャリアウーマンです!!!!




作業が終わり、ご利用者様を見送った後には本日行なった内職の納品準備を行います。
内職はあまり得意ではないと仰っていましたが、この笑顔!!
どんな仕事でも前向きに取り組む姿勢は、部下のお手本となっています!!




納品準備の続きは部下に任せて、勉強会に参加します。
今回は方針共有勉強会です。会社の方針を職員全体で共有します。
代表の熱い話を聞くことができました。
牛丸所長もこの方針に従って日々の業務に取り組んでいます!


これで今日一日の業務は終了です。
1日ありがとうございました!!!


というわけで、今回ネリネの牛丸所長に同行させて頂きました。
牛丸所長は4月からネリネの所長を任されており、GHから作業所へ変わり、全く違う仕事内容にもかかわらず、毎日ネリネを支えています。
1日同行をしてみて、現場をとても大切にされていることが伝わって来ました。
また、ご利用者様とのコミュニケーションは職員全体のお手本となっており、社内研修では傾聴の講師まで務めています!
牛丸所長の気遣いは、ご利用者様だけではなく部下に対しても同じです。
職員みんなが働きやすいように、一人一人のことを考えて職場環境を整えてくださっています。そのため、部下からの信頼も厚いです。
同行をしている私も牛丸所長の部下の一人ですが、仕事のことはもちろん、物事の考え方から立ち振る舞いなど、入社してから毎日、牛丸所長から学ぶことだらけです!


そんな牛丸所長ですが、10月からはホタルに異動となります。
事務仕事もご利用者様対応も、何でも来い!という感じでしょう。
牛丸さんの笑顔と元気でホタルもより一層明るく活気づくと思います!!
楽しみですね!!!


平成28年9月26日(月) お客様開拓委員会 撮影・取材・編集:辻菜摘