医療ローンの審査に通るコツ解説!賢く安く治療を受ける方法

医療脱毛や美容医療、歯列矯正などは、おそらく多くの人が一度は「やってみたいな」と思ったことがあるのではないでしょうか。

しかし、そこから実際に治療を受けるのは簡単なことではありません。これらの医療行為は自由診療と呼ばれ、保険適用外で治療費が高額になってしまうからです。

「受けてみたい治療があるけど,費用の問題で踏み切れない…」実はそんな人のために、医療ローンというサービスがあるのをご存知ですか。

車やマイホームのローンと同じように、医療費にも使えるローンがあるのです。

しかし、メリットとデメリットの両方があり、融資を受けるにはさまざまな手続きも必要です。

今回は、医療ローンについて紹介します。実際に申し込む際の準備物や審査についても詳しく説明しているので、利用を考えている方はぜひご覧ください。

医療ローンはどんなメリットがある?借り方やデメリットも紹介

まずは「医療ローンって何?」というところから説明します。

また、医療ローンのメリットとデメリットも合わせてご覧いただきましょう。

医療ローンは高額な医療費を分割返済することができる

医療ローンとは、医療費を分割返済するためのローンサービスです。保険適用の医療行為はもちろん、保険適用外のものにも使うことができます。

多くは銀行か信販会社が提供元となっており、利用する際は、病院やクリニックが提携しているローン会社を紹介され、そこに申し込んで借り入れるのが一般的です。

ちなみに「医療分割」という言葉がありますが、意味は医療ローンと同じです。

自由診療を行っている病院などでは分割払いの制度が多く見られますが、医療費を分割で直接病院に納めていく場合と、医療ローンのことを「分割払い」と呼んでいる場合があります。

医療ローンはお金の心配をせずに治療できるのがメリット

医療ローンのメリットは、次のようなものがあります。

保険適用外の医療行為にも使える
医療ローンは、保険適用外の医療行為にも使えます。状況によっては途中で増額も可能です。

お金を準備できていなくても治療を始められる
高額な治療や施術を受けるためにお金を貯める人も多いと思いますが、それでは時間がかかってしまいます。

例えば、歯列矯正のように数年間にわたって通院が必要なものもあるので、始めるなら早いに越したことはありません。

医療ローンで融資を受ければ、「今すぐ治療を始めたい」という希望が叶うのです。

金利が比較的低い
医療ローンの金利は5~10%のことが多いです。銀行や消費者金融のカードローンは金利が10%を超えることもあるので、比較的低いといえるでしょう。

また、病院やクリニックが金利を負担してくれる場合もあります。

医療ローンは様々な制約があるのがデメリット

医療ローンには当然、デメリットもあります。

審査が厳しく、融資まで時間がかかることがある
医療ローンには審査があり、それに通ることで融資を受けられます。ローン会社によっては審査が厳しかったり、審査結果が出るまで時間がかかったりすることがあります。

例えば、融資が実行される前に初回の治療を受けた場合、その際の医療費は自力で支払わなければならないので、注意が必要です。

希望した額を全て借りられるとは限らない
医療ローンの審査では年収などから返済能力を判断し、融資額を決定します。場合によっては、希望した通りの金額が借りられないかもしれません。

ちなみに、審査に落ちて融資を受けられないということもありえるのでご注意ください。

転院が難しくなる
医師との相性や治療の進み具合に不満があった場合、転院するという方法がありますが、医療ローンを組んでしまうと難しくなります。

医療ローンの多くは病院等が提携する金融機関から借り入れを行うので、もし途中で転院すると全額返済を求められる可能性が高いのです。

また、転院の際は手続きも面倒になると言われています。

医療ローンの審査は厳しいって本当?申込条件や提出書類をチェック

続いて、医療ローンの審査についてです。厳しいですが、申し込んだ全ての人が審査に通るわけではありません。

それでは、医療ローンの申込条件や審査に通りやすいポイントは、どのようなものでしょうか。詳しく見てみましょう。

おおまかな申込条件は「年齢と収入」

医療ローンは、だいたいが次の2点に当てはまれば申し込み可能です。

  • 満20歳以上である
  • 安定した収入がある

ここで言う「安定した収入」とは、一般的にはアルバイトやパートでの収入も含まれます。

何らかの形で仕事につき、毎月少しでも収入を得ていれば条件に該当することになります。

ただし、ローン会社によってはさらに細かい条件を設けているところもあり、例えばアルバイトの学生やフリーターは年収が低く不安定であるとして申し込み不可の場合もあります。

また、例外で専業主婦(主夫)は配偶者を保証人に、未成年者は保護者を保証人にすれば申し込みができる場合もあります。

一方、水商売の人は審査の面では問題ないかもしれませんが、ローン会社の営業時間内に勤務先への在籍確認ができるかどうかを問われる可能性があります。

ご自分が申し込めるか心配な場合は、受診を考えている病院やクリニックで事前に相談しましょう。

在籍確認については、このあと詳しく解説します。

審査では返済能力を問われる

審査ではさまざまな情報から返済能力を判断されます。年齢や住所といった基本的な個人情報の他に、次のようなことを聞かれます。

  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 他社借入の有無
  • 金融事故の有無

この中で、勤続年数の長さは収入の安定性を判断する重要な項目となります。

今後も勤務を続けて収入を得る可能性が高いこと、そして勤務先も安定した経営を続けており、倒産やリストラの可能性が低いことを示せるからです。

正社員でもアルバイトでも、転職を繰り返していると信用を得にくいのはローンの審査でも同じことです。

また当然ですが、他社で借入があったり、過去に支払いの滞納を起こしていたりすると判断は厳しくなります。

必要書類は主に3種類

医療ローンの申し込みに必要な書類は、主に次の3点です。

本人確認書類
運転免許証、マイナンバーカードなど、顔写真付きのものにしましょう。

収入証明書
源泉徴収票や確定申告書などです。給与明細書も該当しますが、2か月分を用意すると確実です。

資金使途確認書類
治療計画書や治療見積書などです。

収入証明書に関しては、借入希望額が50万円以下であるなどの条件を満たせば提出不要になることもあります。

しかし、用意していなかったのに提出が必要となると手続きに遅れが生じてしまうので、ここに挙げた書類は必ず申し込む前に全て用意しておきましょう。

在籍確認はプライバシーに配慮して行われる

一般的にローンの契約には、在籍確認というものがあります。申し込んだ本人が、審査の際に申告した勤務先に本当に勤務しているかどうかを確認するのが目的です。

上司や同僚にローンの利用を知られてしまうことを懸念する人がとても多いのですが、電話は個人名でかかってきます。ローン会社の名前が出ることはありません。

そして用件も、「○○さん(申込者)いますか?」と尋ねるだけです。

在籍確認はクレジットカードの契約でも行われるので、もし在籍確認があったことで周囲の人に何か聞かれるなどした場合は「クレジットカードの契約です」と答えればいいでしょう。

もし、在籍確認が難しい状況であるとか、在籍確認をどうしてもされたくないといった場合は病院で相談してみましょう。

また、カードローンであれば在籍確認なしで融資を受けられることもあります。

例えば、SMBCモビットでは「WEB完結申込」を利用すればWEBで全ての手続きを行うことができ、電話や郵送物での連絡は一切ありません。

在籍確認を避けたいのであれば、カードローンで融資を受けることを考えるのもおすすめです。

医療ローンで後悔しない!申込前にできること・審査落ち対策も

医療ローンは契約後の転院が難しくなるなどといった特徴があるので、慎重に考えて利用しなければなりません。

取り返しのつかないことにならないように、申し込む前に考えるべきポイントについて説明します。

また、医療ローンの審査に落ちてしまった場合に利用できる他の方法も紹介します。

相談や比較を行い納得してから申し込もう

医療ローンは、必ずよく説明を受け、納得してから申し込みましょう。後になってから不満が出ないよう、疑問を解消しておくことが大切です。

そして、複数の病院やクリニックを比較することも必要です。

支払い方法から治療の方針、医師やスタッフの雰囲気など、施設によって全く違うので、一か所だけを見て決めると後から「別の病院が良かった」ということになりかねません。

事前カウンセリングを行っている病院なども多いので、積極的に利用しましょう。

<聞いておこう!医療ローンの疑問>

  • もし転院、治療中断となった場合はどうなるのか
  • 万が一、返済が遅れそうになった場合はどうすればいいか

医療ローン以外で融資を受ける方法も検討しよう

医療ローンは審査に時間がかかることがあります。もし、急いでいる場合は消費者金融のカードローンを利用することも良い方法です。

消費者金融のカードローンは医療ローンより金利が高い傾向にありますが、最短で即日融資が受けられ、コンビニなどのATMで簡単に現金を引き出せるので使い勝手の良さは抜群です。

例えば、先ほども紹介したSMBCモビットは申し込みから審査結果の通知までが最短30分となっており、すぐにお金が必要な人におすすめのカードローンです。

さらに、SMBCモビットでは特にお急ぎの方に向けて、WEBで申し込んだ直後にコールセンターに電話をすればすぐに審査を開始するという方法おすすめしています。

そうすることでさらに融資までの時間を短縮できる可能性があり、利用者を極力待たせないという最大限の配慮がなされているのです。

ちなみに、消費者金融は年収の低い人や収入が不安定な人にも柔軟に対応しているため、医療ローンの審査に落ちてしまった人も融資を受けられる可能性があります。

医療ローンの利用が自分に合っているのかを考える

医療ローンはメリットとデメリットの両方があり、絶対に利用すべきと言えるものではありません。

ここまでお伝えしてきた情報をまとめると、医療ローンを利用するのがおすすめなのは次のような人です。

<医療ローンがおすすめの人>

  • すぐに払えるお金が少しでもある
  • 病院やクリニックで金利を負担してもらえる

医療ローンは審査に時間がかかることがあるので、融資が実行されるまでの治療費を自力で払う必要があるかもしれません。

治療費を全額用意するのは無理でも、2~3回程度の通院費を出す余裕はあるのであれば、審査結果を待たずに治療を始めて問題ないでしょう。

また、医療機関によっては医療ローンの金利を負担してくれる場合もあります。そのような病院やクリニックで治療を受けるのであれば、医療ローンの利用がおすすめです。

ちなみに、医療ローン以外で融資を受ける場合、おすすめなのは消費者金融のカードローンです。

<カードローンがおすすめの人>

  • すぐにお金を借りて治療を始めたい
  • 医療ローンの審査に通るか不安である
  • 早めに返済できる見通しが立っている

医療ローンは審査が厳しい傾向にあるので、収入が低いか不安定な人は最初からカードローンを利用することにしてもいいかもしれません。

また、プロミスやアコムといった一部の消費者金融では、最初の30日間は無利息で利用できるというサービスを設けています。

早めに返済できるという人には、このような形で利息をなしにするのもおすすめです。

無利息期間は、「契約後」の30日間の場合と「初回の借入後」30日間の場合があります。申し込みの前に、各消費者金融で確認しましょう。

医療ローンで受けたい治療を諦めない!でもよく考えて計画的に使おう

医療ローンは医療費を分割返済するためのもので、手元にまとまったお金がなくても高額な治療を受けることができます。

保険適用外の医療行為にも使えるので、医療ローンで融資を受けられたら受けたい治療がある、という人は多いと思います。

ただ、審査が厳しかったり、融資を受けられるまでに時間がかかったりと、メリットばかりではありません。

一度契約してしまうと途中で転院が難しくなることもあるので、よく考えて契約することが必要です。

ぜひ、契約の前には病院やクリニックでしっかりと話を聞き、疑問を解消してください。また、確実に返済できるよう計画を立てることも必要です。

万が一、医療ローンの審査に落ちてしまったり、自分には利用しづらいと感じたりした場合には、他の方法もあるので柔軟に考えましょう。

ご自身でよく考え、きちんと納得した上で、計画的に医療ローンを利用してください。

関連記事