低金利カードローンおすすめ紹介!無利息期間ありで一番お得なのは?

カードローンを利用するにあたって、必ず知っておくべき情報のひとつに「金利」があります。借りた金額に金利分を上乗せして返済しなければならないため、金利についてよく知らないままに利用していると、びっくりするような返済額になってしまうおそれもあります。

同じ借入期間なら金利が高ければ高いほど返済額も多くなってしまうため、カードローンを利用するなら低金利であるに越したことはありません。

そこで、この記事では、お得に低金利で借りられるカードローンについてご紹介します。

様々なカードローン商品の金利比較や、金利を下げたりゼロにしたりしてさらにお得に借入をする方法など、金利というものについて幅広くお話していきますので、ぜひご参考にしてくださいね。

低金利フリーローンが利用できるのはどこ?主な商品の金利を比較

それではさっそく、数あるカードローンから主要なものをピックアップして、それぞれの金利を比較してみましょう。そのうえで、銀行と消費者金融の特色なども踏まえながら、どちらが良さそうか考えていきましょう。

主要なカードローン商品の金利を比較してみよう

様々なカードローン商品の金利を比較するために、一覧にしてご紹介します。

カードローン 金利 最高限度額
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アコム 3.0%~18.0% 800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円
アイフル 3.0%~18.0% 800万円
フクホー 7.3%~18.0% 200万円
みずほ銀行 2.0%~14.0% 800万円
三井住友銀行 1.5%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行 1.8%~14.6% 500万円
楽天銀行 1.9%~14.5% 800万円
auじぶん銀行 1.48%~17.5% 800万円
PayPay銀行 1.59%~18.0% 1,000万円
ソニー銀行 2.5%~13.8% 800万円
イオン銀行 3.8%~13.8% 800万円

一般的に、借入額が多いほど金利は低くなりますので、最高限度額が1,000万円や800万円と高めのところの方が、最少金利が低くなる傾向があります。また、消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利です。

金利は安いけどデメリットもある銀行カードローン

このように、金利の面だけで言えば銀行カードローンの方がお得なのですが、銀行には以下のようなデメリットがあります。

  • 即日融資ができない
  • 比較的審査が厳しい傾向がある
  • 在籍確認無しなどバレにくい対応が不十分
審査が不安な方は、銀行のカードローンはあまりオススメできません。その日のうちに借入がしたいお急ぎの方や内緒で借入がしたい方も、それ相応のサービスが充実している消費者金融の方が適していると言えます。

無利息サービスを活用すれば消費者金融でもお得に借りられる

「スピーディに借りたいから消費者金融がいいけど、やっぱり低金利な銀行カードローンも捨てがたい」という方は、無利息サービスのある消費者金融はいかがでしょうか。大手消費者金融には、一定期間金利ゼロで借りられるサービスを用意しているところが多いのです。

消費者金融 無利息期間
プロミス 初回利用日の翌日から30日間
※メールアドレスとweb明細利用の登録が必要
レイクALSA 契約日の翌日から60日間(全額)または180日間(5万円まで)
※60日間無利息はWeb申し込みが条件
アコム 契約日の翌日から30日間
アイフル 契約日の翌日から30日間

期間内に返済できる目途がたっているならば、無利息期間をうまく活用することで、低金利どころか金利を一切かけずに借りられる消費者金融の方がずっとお得です。

また、一部ですが銀行カードローンにも、PayPay銀行や楽天銀行など無利息サービスがある商品もあります。お急ぎでない方には、こちらもおすすめです。

金利0になる期間があるから結局お得!オススメ消費者金融をご紹介

ここからは、おすすめのカードローンをご紹介していきます。金利の面で言えば銀行カードローンの方が低いですが、即日融資が可能な点や無利息期間があることなどを考慮して、総合的におすすめできる大手消費者金融をご紹介します。

SMBCモビットはスピーディさが魅力

SMBCモビットは、10秒で簡易審査結果が表示されることや、最短30分で本審査が完了して即日融資が可能など、スピーディさにかけてはとても頼りになる消費者金融です。申し込み後に電話で相談をすると優先的な対応も可能で、お急ぎの方には非常におすすめです。

最大限度額が大きいので、たくさん借りれば3.0%という低金利で借りられるチャンスもあります。

公式アプリを使えばセブン銀行のスマホATMにも対応しているので、ローンカードもキャッシュカードもなしでスマホひとつで借入や返済が可能です。

郵送物や電話連絡などもなしにできるので、内緒で借りたい方にも嬉しい消費者金融です。

項目 内容
最大限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
特徴 ・10秒で簡易審査結果表示
・WEB完結申込
・カード発行なし/郵送物なしも可能
・アプリやスマホATM(セブン銀行に対応)が利用可能
・来店不要
・最短即日融資も可能
・返済額のうちの利息額200円につき1ポイントのTポイントが貯まる
・WEBからの申し込み後に電話をすると優先対応も可能
・電話連絡は書類提出による代替にも応相談

プロミスは最大金利17.8%と大手の中では低金利

プロミスは最大金利17.8%なので、借入額がそれほど大きくないときも、初回の利用時でも適用される金利がお安いのが魅力のひとつです。

しかも、初めての方なら最大30日間利息が0円になるので、次のお給料日までのつなぎに借りたい方なら実質無利息のカードローンと言えますね。

最短15秒で借入できるか分かるサービスもあり、もちろん最短即日融資も可能です。お急ぎで、なおかつ無利息サービスが必須条件という方には有力候補にしていただける大手消費者金融です。

項目 内容
最大限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
特徴 ・Web完結
・カード発行なし/郵送物なしも可能
・アプリローンやスマホATM(ローソン銀行・セブン銀行)が利用可能
・来店不要
・最短即日融資も可能
・電話による在籍確認を避けたい場合は申し込み直後の電話にて応相談
・初回利用日の翌日から30日間無利息サービス
(メールアドレスとweb明細利用の登録が必要)

アコムも初めての利用なら30日間金利ゼロ

次にご紹介するアコムは、通常なら最大18.0%と特別低金利とは言えませんが、初めて利用する方を対象に30日間金利が一切かからないサービスがあるので、この期間内に全額返済できる方なら銀行カードローンよりもお得に借りられます。

ローンカードは必ず発行されますが、カードが到着するまえに振込による融資も可能ですし、アプリを利用すればセブン銀行ATMにてカードレスで借入が可能です。金融機関によっては最短1分で振込が完了しますので、困ったらすぐ借りられるのが魅力です。

項目 内容
最大限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
特徴 ・最短即日融資も可能
・来店不要
・スマホATMに対応(セブン銀行)
・女性専用ダイヤル
・契約日の翌日から30日間無利息サービス

無利息期間が長いのがレイクALSAのメリット

レイクALSAは、web申し込み限定で60日間利息ゼロ、または5万円までを対象とした180日間利息ゼロという、他の大手消費者金融に比べると長期間の無利息サービスが特徴です。

30日以内に返せないかもしれない方は、レイクALSAの無利息サービスがおすすめです。

また、申し込みから最短60分融資が可能なスピード感も、レイクALSAの大きな魅力のひとつです。ただし、21時まで(日曜は18時まで)の契約手続き完了が条件ですので、すぐにお金が必要な方は早めの時間に申し込むようにしましょう。

項目 内容
最大限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
特徴 ・最短60分融資も可能
・来店不要
・カード発行および郵送物なしに対応可能
・Web完結
・アプリ
・契約日の翌日から60日間(全額)または
180日間(5万円まで)無利息サービス
※60日間無利息はWeb申し込みが条件

アイフルは最短25分融資も可能

アイフルはWEBから申し込めば最短25分融資が可能とされています。セブン銀行とローソン銀行のATMにてスマホひとつで借入や返済が可能なので、街中で急にお金が必要になったときでも大変便利です。

最大30日間利息0円サービスも用意されているので、金利の節約を第一に考えたい方にもおすすめですよ。

項目 内容
最大限度額 800万円
金利 3.0%~18.0%(実質年率)
特徴 ・在籍確認なし
・来店不要
・カード発行/郵送物なしに対応可能
・WEB完結
・アプリ
・スマホATM取引が可能(セブン銀行・ローソン銀行)
・30日間利息0円サービス
・最短即日融資も可能

消費者金融でも低金利で借りるには?仕組みを知って効率的に借りよう

ここまで、金利をテーマにカードローンのご紹介などをしてきましたが、ここからは、より低金利で借りるための方法をお話します。

早く返済すれば、その分金利もお得になる

前章でもご紹介したように、カードローンの金利はパーセンテージで表示されていますが、これは一般的には年率です。たとえば借入額10万円に18.0%が適用された場合、1年間で18,000円の金利が発生します。

しかし、もっと早く返済すれば、その分金利を抑えることができます。たとえば10万円を30日で返済した場合は、10万円×18.0%÷365日×30日=約1,479円となるのです。15日で返せば、その半分の約740円になります。

つまり、早く返済すればするほど、金利を節約できるというわけですね。

限度額アップで金利も下げられる

前章でもご紹介したように、どのカードローンでも〇%~△%というように、同じ商品の中にも金利の幅があります。どれくらいの金利が適用されるかは、一般的には借入限度額によって決まります。

アコムを例にとって、限度額と適用される金利について見てみましょう。

限度額 適用金利
1万円~99万円 7.7%~18.0%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
501万円~800万円 3.0%~4.7%

このように、限度額が大きいほど金利が安くなります。

同じ限度額でも金利に幅があり、最終的な金利はクレジットヒストリーや勤続年数などを総合的に審査して決められますが、10万円の限度額だと最安でも7.7%ですが、800万円なら多くても4.7%の金利で済むわけです。

したがって、できるだけ限度額を多くするのも、金利を下げるための有効な方法です。はじめは少ない限度額から始まることが多いですが、順調な利用と返済を続けることで増額も可能です。

おまとめローンや借り換え商品を利用するのもひとつの手

すでにカードローンを利用している方は、別の貸金業者のカードローンに借り換えをすると金利が下がる場合があります。

また、2つ以上の借入がある方は、それを1つにまとめる(通称「おまとめローン」)ことで借入額が大きくなり、その結果、金利を下げられることが多いです。

これまでカードローンを利用したことがない方には使えない方法ですが、覚えておくといつか役に立つかもしれません。初めての方は、消費者金融の無利息サービスを有効に活用してくださいね。

低金利でお金を借りるにはキャッシング商品の比較検討が絶対必要

低金利でキャッシングやカードローンを利用する方法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?金利の仕組みを知ることと、様々なカードローン商品を比較検討して少しでも金利の低いところを探すことで、よりお得に借りられるようになります。

しかし、単純に金利だけを比較して選んでしまうのはオススメできません。

限度額によっても金利が違ってきますし、金利が高くても無利息期間中に返せるなら、無利息サービスをおこなっているところの方がお得になります。

また、金利面以外にも、いつまでに借りたいか、周囲の人に内緒で利用したいか等々、様々な要素を考慮して借入先を決めたいものです。目先の金利に惑わされず、どのように利用していきたいかをじっくり考えながら最適なものを選んでくださいね。

関連記事